窓は多いほうが部屋が明るくなるし、換気もできるのでいいと思っていました。

また、窓の大きさも多ければ、風も入るし、部屋の中が明るくなるのでいいと思っていました。

しかし、窓の数が多い場合、その場所には家具が置けなくなりますし、カーテンやブラインドの数が多くなります。

また、窓の大きさが多い場合、夏は外からの熱が入ってきて部屋が暑くなりますし、逆に冬には外からの冷気で部屋が寒くなります。

部屋の温度にこれほど窓が関わってくるとは知らなかったです。

設計士の方や工務店の方からも指摘がなかったため、欲しいだけ窓を作ってしまいました。

その結果、現在のように夏暑く、冬寒く、家具が置けない家になってしまいました。

採光や換気も大切ですが、部屋の温度への影響を考えて、窓の数、大きさを考えるべきだったと思います。

リビングダイニングはあとひとつ、続き間の畳の部屋は窓の大きさを小さくすればよかったです。

また、お風呂場の窓が大きすぎて冬が寒い上に、結露がひどいので、小さい窓にすればよっかったと思います。

夏、冬は毎年後悔しています。

今からでも何か対応できる手段があれば是非試してみたいです。

次に家を建てる機会があれば、絶対に窓の数と大きさを間違えないようにしたいです。

続きはこちら>>>>>新築 失敗談